カントン包茎で不安に感じやすいのはリスクの程度

不安になるカントン包茎の不安解消情報

包茎には大きく分けて3種類の状態がありますが、その中でも手術を検討した方がいいのがカントン包茎になります。
包皮口の入り口が狭いことで起こる症状であり、亀頭部を露出させようとしても全てが露出出来ない場合があるのが特徴です。
その他にも根元まで剥けたとしても圧迫感や痛みがあるなど、平常時でも包皮が圧迫されるような違和感を感じることが多いと言われております。

カントン包茎のリスクは平常時だけではなく、陰茎が大きくなる勃起時によりリスクが高まることが特徴です。
平常時でも亀頭部が露出する際に痛みを感じるのに、海綿体が膨張した状態ではより包皮が押し広げられることで陰茎部を圧迫して、血流を阻害します。
その結果血流が止まってしまい亀頭部が鬱血したり、最悪の場合には壊死を起こしてしまい兼ねません。
こうした不安を取り除くには、外科手術が最も適しております。
放置しておく不安よりも、手術を選んで治療することが長い目で見ると安心です。

カントン包茎についての不安

男性器には性感帯や神経や海綿体などの繊細な器官が集まっており、尿道口からは排尿と射精をする仕組みになっております。
こうしたデリケートな部分なので男性のコンプレックスと結び付きやすく、短小や包茎などは男性の悩みのトップランクになるほどです。
特に包茎は男性の半数以上が該当しており、その中でも真性包茎やカントン包茎は出来れば手術を行った方がいい症状だと言われております。

カントン包茎は勃起時に痛みや圧迫感を覚えることが多く、性的な事柄に関しての不安感と結び付いてしまう状況です。
射精障害や生理的な現象である勃起などを含む事柄に横断する問題であり、将来的には子作りなどの障害になることもあります。
だからこそ早めの対策が必要であり、泌尿器科や包茎治療を行う美容クリニックでの受診や診察を経て、外科手術を行うことが根本的なカントン包茎の治療方法になるのです。
羞恥心などがありますが、病院もクリニックもプライバシーに配慮して診察と手術を行ってくれます。

まとめ

包茎は成人男性の7割から8割の人間が持っている症状だと言われており、大半は仮性包茎だと統計が物語っております。
残りの約2割は真性包茎やカントン包茎であり、手術の必要性が高いケースはこの後者の2つの症状となっているのです。

症例が多く臨床によって手術方式が確立されており、軽度な症状であれば部分麻酔の手術で日帰りで帰宅することが可能になります。
デリケートな部分なので心配も多いでしょうが、こうした症例数の多さと治療数に比例して、安心して治療を受けられる治療になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。