カントン包茎の手術を検討する際の不安

カントン包茎で不安が大きいのは手術後

カントン包茎は症状にもよりますが、すこし手の込んだ手術が必要になります。
このため術後の経過が不安だと感じる方は珍しくありません。
特に気になりがちなのが、痛みと言えます。
メスを使うので局部の痛みが発生するケースは否定できず、数日間は継続する可能性があるのです。
ただクリニックでは鎮痛剤を用意しているので、他にトラブルが無ければ、これを内服しておけば傷の治癒と同時に問題がなくなるケースも多いです。
傷口が開いて出血するのも不安材料ですが、こちらは発生確率自体が高くありません。
全体の数%と言われています。
もしも出血した場合は適切に処置したいので、緊急対応が得意なクリニックが選択肢です。

またペリカン変形と呼ばれる症状が起こるのも、カントン包茎などの手術時には不安に感じます。
これは技術がない医師が施術した場合にしばしば起こる、ペニスが腫れてしまう症状です。
技術力が高い医師だとリスクは低いので、実績重視で選びましょう。

カントン包茎の手術に関する他の不安点とは

カントン包茎の手術を検討する際には、手術の後に問題が生じる以外にも、幾つかの不安材料があります。
特に多いのが手術費用に関する不安です。
クリニックによってはあくどい手口で高額請求を行うケースがあり、被害が後を絶ちません。
具体的には説明時とかけ離れた額を、後から請求されるパータンです。
「ちょっと追加費用がかかるかもね」位に言っておいて、想定の数倍の費用を請求された方もいます。
他には費用自体は説明してくれるものの、悲惨な失敗事例の写真を見せたり、過度に不安を煽ったりして高額な手術に同意させようとする医師がいるのも、不安材料です。

他にはカントン包茎の手術をしたことが他人にバレないかも、不安に感じる方がしばしばあります。
この点はノウハウがある医師に相談すると、おすすめの方法を教えてくれるはずです。
自由診療によるバレにくい方法などがありますので、詳しいクリニックに相談してみると良いでしょう。

まとめ

カントン包茎は包茎の中でも症状が重めなので、手術も難しくなると不安に感じている方は多いかもしれません。
ネットではトラブル事例などが見当たるため、余計に恐怖を覚えている方も珍しくはないはずです。
ただし実際には信頼できるクリニックで施術した場合、大きなトラブルがないのはもちろん、やってよかったと感じている方が大多数にのぼります。
カントン包茎はそのままだと状況が悪化しかねませんから、安全重視で慎重に信頼できるクリニックを調べてみるのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。