カントン包茎の放置によって生まれる不安

様々な病気を引き起こす不安にもつながります

カントン包茎とは、包皮口が陰茎部の包皮外周よりも狭まっている包茎のことを指していますが、これを放置することにより、様々な病気を引き起こすことが分かっています。
その一つが亀頭包皮炎と呼ばれるものです。
カントン包茎の場合には、包皮の内側や亀頭が弱く、常に湿っぽい状態になってしまうので、弱い刺激でも皮膚に大きなダメージを与えることにもなり、これが炎症を起こしやすくなります。
このようなことから亀頭炎や包皮炎などといった症状になりやすく、慢性的になっている人も多く見られます。
そして細菌を常に溜め込むことにもなるので、細菌が繁殖して尿道から尿路に病院に侵入する不安もあります。
すると尿路感染症をきたす可能性とも高くなるでしょう。
これが進行すると精巣上体炎と膀胱炎などの原因になることもあり、場合によっては命にかかわる重篤な病気を引き起こす不安も考えられます。
その他にも真性包茎や性感染症、また精神的な弊害を生み出す不安にもつながります。

カントン包茎は手術や治療の必要性がかなり高い状態です

カントン包茎は包皮口が狭いことから、締め付けによって痛みが発生したり、皮膚が引き裂かれるような痛みを伴うことさえあります。
無理に亀頭を露出する場合には、包皮が腫れ上がり、元に戻せなくなってしまいます。
すると病状としてのカントン包茎の症状を呈することにもなるでしょう。
この場合血行が阻害されてしまうので、これを放置すると包皮が亀頭部が壊死するなど、重篤な症状を引き起こす不安もあります。
このような状態になれば、早急に医療機関で処置を受けなければなりません。
機能面に関しては、性行為の際にも亀頭を露出すると包皮に締め付けられる痛みや皮膚が引き裂かれるような痛みを生じることが多く、かなり危険を伴うような状態と言えるでしょう。
また性行為ができたとしても、細菌が残存しやすく不衛生な性行為になるので、女性が膣炎や婦人科疾患などを発症しやすくなります。
このようにカントン包茎は手術や治療がかなり必要である状態であると分かります。

まとめ

カントン包茎に悩んでいるけれども、クリニックに行くのは恥ずかしいなどの理由で、躊躇している人もいるかもしれません。
しかし見た目の問題をはじめとし、様々な病気を誘発することにもなるため、早い段階で手術や治療が必要である状態だとわかります。
自分のためにも、また大切なパートナーのためにも、早急に手術や治療を検討し、クリニックを受診するようにしましょう。
多くのクリニックで相談や無料カウンセリングなどが行われているので、今後の自分のためにも、今一度勇気を振り絞って行動に移しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。