カントン包茎は、真性包茎と異なって完全に包皮が被っているわけではありません。
そのため、治療の必要性や不安がないと誤解をしてしまう人も多い現状です。
しかし、カントン包茎は放置すると取り返しのつかない状態に発展しまうリスクのあるものです。
しかも、自覚症状が無くて気づいたときには症状が進行している可能性もあります。
重要なのは、きちんとカントン包茎の基礎知識と対応策を理解しておくことです。
前提知識を理解しておけば、すぐにクリニックに相談できますし症状も自覚できます。
重要となるポイントを理解しながら、まずは最低限の参考情報を理解していくところから始めることです。

カントン包茎と代表的な原因を知っておこう

カントン包茎は、外見的には小さな包皮で亀頭を締め付けてしまう症状です。
この症状は、一見すると亀頭を露出させることができるので不安がない状態であると勘違いをしてしまうことも多いです。
しかし、真性包茎と同様に放置することで生じるメリットがほぼないものです。
カントン包茎は、性行為を行うときに不安がないことも多いので、自覚症状がないのが厄介な点です。
実際に、性行為が終わったことが原因でカントン包茎になってしまうこともあります。
性行為を行うときには、無意識に包皮がめくれます。
ただ、包皮がめくれたとしても包皮口が非常に小さいので、それを亀頭から元の位置に戻すことができなくなります。
これが原因で、亀頭を圧迫し続けて痛みが生じます。
問題なのが、この状態が一時的になってしまうことも多いという点です。
最初は不安になる人も多いですが、勃起が収まると状態が治まったり、痛みが引くことも多いので放置をしてしまう人も少なくありません。
けれど、性行為を行うと再度それが原因で亀頭が圧迫されるためダメージが着々と蓄積されます。
実際に、切れたり出血の原因にもなりますので症状を自覚することはとても重要です。

仮性包茎との違いに注意が必要

カントン包茎が最も厄介なのは、見た目の状態が仮性包茎とほぼ変わらないという点です。
仮性包茎も、勃起をしたときに亀頭が出てくる状態であるため通常時は包皮が被っています。
しかし、仮性包茎の場合は亀頭が露出したときにその部分への締め付けがありません。
違和感や不安がないので、出血をしたり裂傷をするリスクがほぼない状態です。
実際に、カントン包茎には仮性包茎の状態で症状が悪化する一歩手前の状況も十分に存在します。
この場合、早期に対応をしておけば問題はありませんが状態が悪くなるとカントン包茎になってしまって、取り返しがつかなくなります。
包皮口が狭い仮性包茎である場合は、特に自分の症状を自覚しづらいのでこれがカントン包茎に発展することを普通は考えません。
現実的にも、包皮口が狭い状態で無理に広げたり性行為を行うとそれが原因で亀頭から元に戻すことができなくなります。
カントン包茎は、包皮が元の状態に戻らないことを指す症状なので、そのようなときになっていない場合は仮性と判断されます。
ですから、素人目にはとても見極めが難しいものです。
不安があるときは、クリニックに相談をして病状を診断してもらった方が確実です。

症状が酷いときは早期の治療が不可欠

自力で症状の解決が難しいときは、すぐにでもクリニックに行って対象法のアドバイスをしてもらうことが大切です。
手術が必要な場合は、それも視野に入れた選択するのが賢明です。
カントン包茎は、確かに見極めが難しいですが1つだけ簡単に症状の深刻なパターンを把握できる参考情報があります。
それは、完全に包皮が元に戻らなくなってしまっているときです。
この場合は、必ずクリニックに行かなくてはいけません。
包皮が亀頭を圧迫し続けるということは、その部分の血流に不安が生じることを意味します。
これは、非常に大きなトラブルです。
元々、男性の勃起は陰茎海綿体という部分に血流が大量に流れることによって生じます。
しかし、カントン包茎で患部が圧迫されているとこの血流の動きがおかしくなってしまうため、亀頭部分にうっ血が見られるようになります。
適切な血液を送ることができなくなるため、その部分の細胞組織が壊死する可能性も存在します。
ですから、包皮が元に戻らないと判断できるときには迷わずにクリニックに相談しなくてはいけません。
カントン包茎の治療は、クリニックである程度は確立されています。
健康上のリスクも改善されるため、メリットは大きいです。

まとめ

カントン包茎は、一見すると通常の仮性包茎にみえてしまうものです。
確かに、症状だけを確認すると普通に性行為を行うこともできますし、患部を清潔にすることもできるため健康上の被害も小さいように感じてしまいます。
しかし、症状が深刻化すると陰茎が壊死する不安すらでてくるものです。
カントン包茎の問題点は、包皮そのものが元の位置に帰ってこないことです。
最初は問題なくても、継続的にそのような状態が続くことで血液の流れが悪くなります。
放置すると、男性機能を失う可能性もあるので自覚できたときには早期のクリニックへの相談が不可欠です。

PRホームページ
カントン包茎のままだと不安ですよね・・・
ずっとそのままだったカントン包茎の悩み解消はこちらから